2017年10月27日

飛光

30代が終わるまでにもう1回読んでおこうと思っていた、学生時代から何度も繰り返し読んだ沢木耕太郎氏の「深夜特急」。

今朝の出勤中の地下鉄に揺られながら、最後の6巻を読み終えた。

(なんとか40になる前に読み終えたわ!)

------------------
若き日の沢木青年は、ロンドンを目指して、日本から香港に渡り、マレー半島・シンガポール、インドを経由して、シルクロードを通って、トルコ、ギリシャ、南ヨーロッパ、そしてフランスをひとり旅した。

旅を始めた頃の沢木青年は、香港の市場の活気やマカオのカジノに心を躍らせ、インドやタイでの混沌に魅せられる。

しかし、シルクロードを渡り、アフガニスタンからイランに入ったころから、その心境に変化を見せる。

今まで訪れた場所での出会い何度となく振り返るようになる。

そして、

"旅にとって大事なのは、名所でも旧跡でもなく、その土地で出会う人なのだ”

と気づく。

沢木青年は、イスタンブールでの滞在中に、「こんな物言いは以前だったら滑稽さしか感じなかっただろう」と前置きしながらも、

"旅は人生に似ているという気がしはじめている。たぶん、本当に旅は人生に似ているのだ”

と語る。

その逆もしかりで、人生は旅のようなものだと。

--------------------
自分も年をとるごとに、今までの日々を振り返り思い出すことが多くなった。

ー10代後半の学生生活と20代前半の社会人生活。私生活でも職場でも自分をどれだけ良く見せようと背伸びしていた頃。自分がゲイであることを認識し、ゲイの友達が出来たのもこの頃だった。

ー20代半ばで東京での仕事を逃げるようにして辞めて、この街に移り住み、将来への不安に駆られながらも、毎日のように飲みはしゃいで過ごした日々。

ー30代は資格の勉強や仕事の忙しさに追われながら、ひとりで居ることの寂しさを知り、そして家族や友達・同僚のありがたさを学んだ10年だった。

中年オカマが、40歳になる前に何を感傷的になってるんだか、などと自分を失笑しながらも、

まだ続く人生の旅を、穏やかに続けていければと願っている。







4 件のコメント:

  1. 人生って本当に旅のようですね。計画性もなく流れ流れてこんな人生を送ってしまっていていいのだろうか?とときどき不安にもなりますが、それなりに幸せを感じることも多くありますので、まあいいか~と開き直っています。最後の最後であぁ~楽しかった~ありがとう~と言えるような旅の終わりにしたいものですね。

    ステキな40代をお迎えください!It's lovely to be 40.
    http://www.metacafe.com/watch/2654574/
    最近はこんな歌を聞くと両親のことや自分のこと考えてじんわり来てしまいます。

    返信削除
    返信
    1. apanSFOさん

      ありがとうございます!
      気がつけばあっという間に40歳です。

      40からが人生勝負だとか、40代どう過ごすかが人生を決める、なんて話も聞かれますが、ほんと最後の最後で、色々あったけど幸せだったな~、ありがとう~!と言える旅の終わりを目指したいものです。

      ♪満開の桜や色づく山の紅葉を この先一体何度みることになるだろう~♪
      ...人生の扉、名曲ですね。 ここのところずっとリピートして聞いてます。笑

      削除
  2. これから40代突入なんて、私からしたら羨ましくらいです。
    とは言っても、私もいよいよ人生後半戦かぁ思うと感慨深いものがありました。気分的なものか、なんとなく後へ続く者への導となるような責任感を感じたり、老いる親の心配事が生じたりと肩に乗っかるものが増えていく世代ですが、それでも日々を楽しむことを忘れずにいたいものです。

    Happy Birthday! 素敵なお誕生日をお過ごしください。

    返信削除
    返信
    1. ふわりさん

      ありがとうございます!
      周りの"先輩たち”に「40なんてまだまだ!」と言われながらも、もう後半戦突入と考えると身が引き締まる思いです。それにしても40年なんてあっという間ですね。年々1年1年が早まってきている気がします。(もう街はクリスマスモードですし!!)

      自分のことも家族のことも心配事はいろいろ増えますが、自分の気の持ち方次第ということで、毎日少しでも楽しく生きたいですね。

      削除