2018年4月18日

(続) 弟の夫

「弟の夫、実写ドラマ化だってよっ!」

「NHKが、まさかゲイドラマをやる世の中になるとはね」

「それで誰が、カナダ人のマイク役やるの? え、誰これ。かわいい!」

以前ここでも紹介した、日本のゲイエロティックアートの巨匠、田亀源五郎氏のマンガ「弟の夫」が、NHKで実写化されると聞いて、

巷のオカマたち(あたしも含めて)が数ヶ月前から大騒ぎしていたのだ。

実際に、放送があった先月からは、

「派手ではないが良作だったわ」

「泣けたわ~~~」

「マイクが、かわいいすぎて、もうXXXX!」

などとあちこちからよい評価が聞こえてきていた。

そんなに皆が言うならと、実際に自分も観てみたのだが、

原作に忠実に、

身近な人がゲイだった時の、ストレートの人の戸惑いや、

ゲイの人の家族や友達へのカミングアウトの難しさや悩みなどが、

優しい空気感を持って描かれていたのである。

-----------------------------
「弟が今年の5月にハワイで結婚するんだけどね」

我が家の近所に住む、日本人オカマ友達でアーティストのKちゃんと

共通の友達のホームパーティで、酒を片手に話していたら

彼の弟さん(ストレート)の話になったのでが。

そこでKちゃん、

「その弟にね。ついにLINEでカミングアウトしちゃったの!」

と突然の告白である。

「え!!!!それで弟さんの反応はどうだったの!?」

と聞いてみると、

「ちょっとこれ、みてみてよ!」

とKちゃんとその弟さんのLINEのやりとりをみせてくれた。

そしてそこには一画面に入りきらないほどの弟さんからの長いメッセージ。

"Kが、ゲイだって99.9%分かってた!

いつ言ってくれるか、ずーっと待ってたんだよ。

Kが、カミングアウトしてくれて、本当にうれしい。

これからは、心配しないでなんでも話してね。

ハワイでの結婚式にKと彼氏さんと会えるの楽しみにしてるからね!"

そんな優しいメッセージを読ませてもらって、

Kちゃんのカミングアウトをする際の不安やストレス、

そしてそれを優しく受け止めてくれた家族の一人である弟さんの気持ちを思ったら、

自分も他人事ながらなんだか泣けてきてしまったのである。

人んちのホームパーティで、

オカマ2人、

携帯の画面を覗きながら、酒を片手に涙。
(中年オカマあるある。)

--------------------------

田亀源五郎氏の「弟の夫」の中では、

マイクとの関係を日本の家族に祝福されることなく、

涼二は亡くなってしまったけれど、

こういったマンガやドラマをきっかけに、

双方の不安やストレスが無くなっていけばいいなぁ。

結婚したいと思った二人が、家族からストレートの人と同じように祝福されるようになればいいなあ。

と思うのだ。

「もう、あたしも、もうみんなにカミングアウトしちゃおうかな!」

と、Kちゃんの勇気におされて、皆に宣言してみたらならば、

「ねえ、あんたは、歩くカミングアウトじゃん。」

「あんた、なにもしてなくても、オカマばればれだし、」

と一蹴されたわよね。


マイクが原作以上に優しい眼差しで。
(C) NHK