2018年6月30日

この大空の虹になりたい 希望に届く虹になりたい  (2018)

「サンフランシスコの街を歩けば、オカマにぶつかる」

とはよく言ったものだが、

毎年6月になると、世界中からオカマ達がわらわらと集まってきて、

いつも以上に街中が"オカマの坩堝"となる。(なんだか恐ろしい響きだわ・・・)

そんなオカマだらけのサンフランシスコの中でも、特に右を向いても左を向いてもオカマだらけの「カストロ地区」は、ゲイのメッカと呼ばれていて、

物珍しさか怖いものみたさか、一般の観光バスが毎日のようにやってくる。

そんなカストロの通りを歩いてみると、

あちこちに"Harvey Milk"の名前や顔を見つけることができる。

彼は、40年前「カストロの市長」と呼ばれながら、サンフランシスコの市議に選ばれLGBTの権利に尽力し、

そしてその翌年、当時の市長とともに、彼は市庁舎で暗殺されたのだった。

それ以来、カストロの街は彼の意志を受け継ぎ、それを若い世代に伝えていく場所となっている。

---------------------------------
人々や企業がダウンタウンに集まり、LGBTの権利を謳う6月末の「サンフランシスコ プライド」がメインのイベントとなるが、

その1か月くらい前から、街中の通りに虹色の旗が立てられ、LGBTの映画祭AIDS LIFE CYCLEのようなチャリティ、その他各種イベントがあちこちで行われている。

近所に住む日本人ゲイ友達のK治やH太君は、プライドイベント当日のパレードに会社の同僚と参加して、虹色にデザインされた会社のロゴの入ったTシャツを着て、大通りを歩いたらしい!

自分も、パレードこそ参加しないものの、去年に続いて近所の友達を我が家に呼んで小さな「ピンクパーティ」を開いたり、映画祭でいくつか気になった映画を観に行ったりして、このプライド月間を楽しんだわ。

街中に虹色の旗がなびく!


プライド前夜の「ピンクサタデー」は我が家で友人達と
皆でピンク色の服を着て、ピンク色のスパークリングワインと
ピンク色と虹色のお菓子で乾杯だよ!


今年のLGBT映画祭には、日本から2作品が参加。
そのうちの一つが「彼らが本気で編むときは」。
在サンフランシスコ日本領事館がオフィシャルスポンサー。
(上映中に客席で声を上げて泣いてるオネエさんがいて、自分も泣いたわよね。)

--------------------
40歳の時に、立ち上がってゲイの権利の為に戦ったHarveyと、

40歳になっても、自分のことだけでいっぱいいっぱいの自分。

ただ、今こうやってゲイとして自由に胸を張って笑顔で生きていられるのは、彼をはじめとした"先輩”たちのお陰なのよねぇ、と

窓の遠くに見えるHarvey Milk Plazaの虹色の旗に、

皆で感謝するのだった。

カストロの街を歩いてみると、
Harvey Milkとゲイの歴史をあちこちで見つけることができる。







2018年6月15日

出逢いはスローモーション (5)

==================
これまでのお話

出逢いはスローモーション (1)

出逢いはスローモーション (2)

出逢いはスローモーション (3)

出逢いはスローモーション (4)

==================

中年オカマの自分も40年間近く生きてきて、何人かの人(片手で数えられるくらいよ・・・)とお付き合いしてきたけど。

一定の時間を一緒に過ごすと、お互いに相手がどこで育って、どうやって今まで生きてきたのか、少しずつ知ることになる。

青森の田舎町で育った男(ひと)や、オハイオで消防士の父に育てられたという男。

フロリダの医者一家に生まれ、勉強して医者になってここへ越してきたって男も居たわね…。

だけど、どの男とどれだけ長く付き合っても、その相手の家族と会ったことは一度もなかったのである。

それでなくても、会食やパーティが胃が痛くなる程、苦手な自分だ。

まだ自分の親にもカミングアウトしていないのに、ほんの数か月しか付き合っていない男の家族に会いに行くなんて、

女中役だった薬師丸ひろ子がいきなり三田佳子と舞台でW主演するようなものである(なんのこっちゃ)。

「どうしよう。今付き合ってる男の家族の集まりに呼ばれたんだけど。行きたくない!」

といつものオカマ仲間をいつもの飲み屋に呼び出して相談してみると、

「あんた、男と付き合ってるって聞いてないけど!」

と叱られながらも、

「あんたが乗り気じゃないなら、断ればいいじゃない。男のためにストレス感じるなんて、本末転倒よ?」

とすでに旦那がいて、妻業を幾度もこなしているM男は言う。

その一方で、

「でもさ、家族に会わせたいって言ってくれるってことは、彼も本気ってことでしょ。ゲイの世界で相手の家族に会えるなんて今でも滅多にないことなんだから、ありがたいと思って、会ってくるべきよ!」

と数多くの男たちと幾度の出逢いを経験して来たK枝は言う。

さて、どうしたものか。

あたしに、できるかしら・・・。(C) 薬師丸ひろ子

-----------------------
「この家系はみんなハゲになる家系なんだけど、Nはまだハゲないでいるみたい?」

「でも、ちょっとおでこのあたりが、危ないんじゃない?」

「やっぱり家系には逆らえないか。わっはっ。」

晴れた日曜の昼下がり。

N君の実家の裏庭のテラスにあるテーブルを囲み、N君の両親と親戚のおじさんとおばさん、N君の従妹とその彼氏(いい男!)と一緒に、白ワインのグラスを片手に、緊張しながら彼らのやりとりを聞いている自分である。

否、聞いているふりをして、N君の家族や育った家を観察している自分である。

N君のお母さんは、以前地元の中学校で先生をしていた、肝っ玉母ちゃん的雰囲気。

一方、N君のお父さんは無口であまり笑顔も見せない強面の弁護士だ。

家のあちこちには、一人っ子のN君の子供時代から大学時代くらいまでの写真が飾られている。

「シカゴの小劇場でゲイのカップルを題材にした芝居を見てきたけど、主役はいい男だったわ。」

「あら~、あたしもみたかったわね。」

とゲイにも寛容な態度を示してくれるのは、N君の母とN君の父親の姉(平野レミ似のN君のおばさん)だ。

そんなやり取りを聞いて、少なくとも「ゲイの息子のゲイの交際相手」ということで、責められたり、嫌な目にあうことはなさそうで、ほっとする自分。

「あなた、ピアノ弾くんだって? 奥の居間にピアノあるから、あとで弾いてみせてよ」

「クリスマスの会には、あたしと一緒に連弾しましょ!」

はじめは、ただ静かに薄ら笑いをする得たいの知れないアジア人男を演じるのみの自分だったが、

彼らの大らかな親しみやすい雰囲気のお陰か、ワインのアルコールのお陰か、三田佳子が「女優!女優!女優!」と発破をかけてくれたお陰か(?)、少しずつ彼の家族になじめてきたようだ。

そして、テラスが夕焼け色に染まる頃、

N君の父が外のグリルで焼いたステーキと、N君の母が料理した野菜料理でディナーとなった。

食事中、突然平野レミ似のN君おばさんが、

「それで、二人はどこで出会ったの? 日本で? 水球チーム? 職場? どこどこ?」

とまくし立ててきたけれど、

正直に出会い系アプリとは言えず、

「あ、共通の友達を通じて、でしたっけ・・・(汗)」

と、小さな嘘をつく自分達。

どの国でも、平野レミ、恐るべし、である・・・。

------------------------------
帰り道、

緊張やらなにやらで心身ともに疲れ切っていたけれど、

ふとK枝が言った言葉を改めて思い出していた。

ゲイの世界で、相手の家族に会って受け入れられるなんて、

滅多にない難しいことである。

生まれてこのかた、交際相手の家族に紹介してもらえるなどと、夢にも思っていなかったから、

これはK枝の言う通り、きっと、ありがたいことなのだろう。

思わず、愛読書(漫画)の「きのう何食べた?」の

ケンジが恋人のシロさんの実家にはじめて連れられて、シロさんの両親に会うエピソードを思い出していた、

乙女の自分であった・・・。

これ読んだときは、思わず泣いたわよね。(きのう何食べた? 第7巻より)
(C) よしながふみ



続く・・・!

























2018年5月29日

心の中を新しい風で満たしたいよ

「心の中を新しい風で満たしたいよ~」

と30年前に浅香唯がセーラー服姿で歌っていたが、

40を過ぎた中年オカマの自分も、ここ数週間ずっとそんな気分で心が沈んでいたのである。

なぜ元気が出ないのか自分に問うてみても、特に思い当たる節はない。

元同僚の健康オタクの女子に相談してみると、

"あ~、それはね。長く続いた繁忙期のストレスとプレッシャーによる、鬱予備軍だね"

と、即答で診断されたわ。

確かに寝ても起きても、平日も週末も仕事のことを考えていたから、

頭を休みモードに切り替えられずに、血圧はあがりっぱなしで、

口角は下がりっぱなしの生活だったのである。

そんなもんなのかしらん?と、インターネットで色々調べてみると、

日本のサラリーマンの多くが同じような状況の鬱予備軍だという。

"なるべく仕事のことを忘れて、他のことを考えるように自分を仕向けましょう"

と真っ当なアドバイスが書いてあるが、

他のことに仕向けようと、本を読んでも、ピアノを弾いても、ゲームをしても、映画や芝居を観に行っても、友達と飯やお茶をしていても、一時的には元気になるが、長くは続かない訳で。

---------------------
冬のような寒く薄暗い曇り空の月曜の朝。

家で仕事に行く準備をしつつ片手で、

「ねぇ、最近元気がでない。元気頂戴!」

と東京に住む同い年の中年オカマ、K子に無茶投げなLINEメッセージを送ったら、

「あたしも元気出ない! だからゴールデンウィークにLA行くわ。あんたも来れば?」

と即座に返事が来た。

"そうねぇ。ゴールデンウィーク中なら、日本のクライアントからの連絡もないだろうし、行っちゃってもいいかもね”

そんなこんなで、数週間後、LAに向かうユナイテッド便に乗っていた自分である。

----------------------
「ねぇ、あんたいつまであたしをLAXで待たせる訳?」

「あんたがブスになりすぎてて、あんただって気づかずに通りすぎちゃったの!」

とLAの空港に到着したとたん、これである。

空港まで車で迎えに来てくれたK子の運転する車に乗り、昭和のアイドルを流しながら、ずっとこんな調子で何十分もぎゃーぎゃーやってたら、お互い疲れて急に静かになる二人(中年オカマあるある)。

ふと、

「ディナーまでまだ時間あるけど、何しよっか」

とK子が問うてきたので、

「そうねぇ、おされな通りでいい男眺めながら買い物して、酒飲んで、そのあとは、夕焼けの海でも見に行きたいわね」

と今時観光客でもやらないようなブスな提案をしたら、

「あんた、発想がブス!」

と即座に返される。

それでも、

「それじゃ、アボットキニーの通りぶらついて、そのあとはベニスビーチでも行こうか」

とここに住んでるわけでもないのに、さすがは東京で雑誌編集をやってただだけあるから、さらっと的確な提案をしてくれるK子である。

暖かい南カリフォルニアの日差しの中、大学時代の思い出話やら、お互いの今の男事情やらを話しながら、おされな通りを歩く。

「あたしたち、40にもなって、何やってんだろね」

「話す内容もレベルも、20年前と全然変わってないじゃない」

太陽が沈み始めた頃、ビーチ沿いの飲み屋で海を見ながら、コロナビールを片手にそんなやりとりをしていたら、大分心が軽くなっていることに気づいた。

インスタ映えするかもっ、と一人はしゃいで携帯の画面に夢中になっているK子。

この子(40オカマですが)も、今でこそ元気にやっているけど、

昔いろいろあって仕事を休職していた時期もあったのだった。

誰だってストレスやら何やらを抱えながら、何とか生きていってんのよねぇ!

「K子。なんか、あんたのお陰で、あたし浅香唯になれた気がするわ」

「は? あんたが浅香唯なら、あたしは南野陽子か斉藤由貴よ?」

傍からみたら、ぶっとんだ中年のオカマが訳の分からぬことを言っているのだが、

20年もこんなやりとりを続けてきたから、

なんとなく、お互いが言いたいことも伝わっているのである。

ベニスビーチの夕焼け

滅多に飲まないコロナビールだが、
今日はそんな気分

激務で家にも帰れていないというLA在住のA子と一緒に
3人で飯 (K子撮影)

この子達もずっと仲良しでいられたらいいね








2018年5月13日

断食とデトックス

この数か月は、本当にしんどかった。

仕事の締め切りに追われ、平日は夜中過ぎまで、週末も土日とも出勤、と心身ともに40の老体には厳しい生活を続けていたのである。

(日本で働くサラリーマンが聞いたら、そんなのまだまだ甘い!と怒られそうですが・・・)

ここ数週間で仕事はやっと落ち着いてきたものの、まだ心も体も弱ったまま、なかなか回復しない。

若い頃は、繁忙期が明けて2、3日もゆっくりすればすぐ回復してたのに、やっぱり歳のせいかしらん。

特に胃腸は、ストレスで胃液がじゃぶじゃぶ出てる日が長く続いたせいか、特に弱っていて何を食べても何を飲んでも胃もたれである。

「胃腸が弱ると、免疫力も下がるし、肌にもよくないし、いいことなしだよ!」

とオカマ友達のM男も言われ、

これはなんとかしなきゃだわ、と色々調べてみると、

土曜日に断食を行い胃腸を休め、日曜に回復食で胃腸を整えるという「週末断食」というものが流行ってるらしい(ほんとかいな)。

しかも、美容にもダイエットにも効果あり。

しかも、野菜ジュースやお茶は飲んでもよいとのこと。

しかも、週末断食、といいつつ食べないのは実質1日だけ。

今週末は特に食事に出かける予定もないし、これならなんとか出来そうだわ?と中年オカマはじめての断食に挑戦することとなったのである。

-------------------------
朝、ジムの帰りにスーパーマーケットで野菜ジュースを買い込み、

決断が揺らがないように、

"今週末は断食するわ、あたし!"

と皆にメッセージを送って宣言してから、

家でへたっぴピアノを弾いたり、読書をしたりして静かに過ごしていたら、

特に空腹が襲ってくることもない。

"この調子なら、簡単に1日食べずに終えられそうだわ?"

と、余裕ぶっこいていたのもつかの間、

昼過ぎに、野菜ジュースで腹を満たしたころから、キッチンにあるクッキーやらせんべいやらが気になりだしてきた。

"ちょっと、こんな簡単に挫折したら、情けないじゃないのよ”

さてどうしようと、雑念の多い家を飛び出して、向かうは"銭湯"である。

ケールとマンゴーの野菜ジュース。
不味い!もう一杯!

---------------------------
日本街にあるKabuki Hotsprings & Spaは、

日本の銭湯のように大浴場と複数のサウナがあり、風呂の前後にプロのマッサージを受けることもできる施設である。

若い頃はよくオカマのY子と一緒に、ここの風呂につかりながら裸のオトコ達を眺めていたり、同業のM子ちゃんと資格試験の勉強の合間にマッサージを受けにきたりしていた。

今回は断食の空腹を忘れるために久々にやってきたが、ついでにマッサージとスチームサウナでデトックスもしちまおう!という魂胆よ。

マッサージを終えて、スチームルームに入り、裸のまま目を閉じて何も考えずに静かに座って汗をかいていると、身体も心もリラックスして浄化されていく(気がする)。

と、ふと目を開くと、自分の左正面に美しい身体をした青年が、腰にタオルもまかずに目を閉じて座っているでないの。

思わず、上から下までまじまじと見てしまうのは、オカマの性か。

筋肉で引き締まった身体。

少し無精ひげを生やして男らしい顔つき。

そして下半身には、、、立派なものが(下品!)。

見ないようにしつつも、ちらちら気になって見ちゃうのと、

食べちゃいけないとわかっていても、食べたくなっちゃうのは似ているわね・・・(なんのこっちゃ)。

って、もうこの頃には断食のことなんか、どっかにぶっ飛んでたわよ。

----------------------
翌日、無事に(?)断食を終えて、回復食の味噌汁で軽めの朝飯。

もちろん1日食べなかったくらいで、瘦せるわけでも美しくなるわけでもないが、

胃腸が軽くなったのは事実のようで。

いつもの物足りない塩分控えめの味噌汁の味も、今日は丁度よい。

また、"断食"しに”銭湯”行ってこようかすら・・・。











2018年5月7日

出逢いはスローモーション (4)

==================
これまでのお話

出逢いはスローモーション (1)

出逢いはスローモーション (2)

出逢いはスローモーション (3)

==================

大阪弁をしゃべるアメリカ人N君とは、1回目の出会いの後もやりとりは続き、

映画を観に行ったり、食事をしたり、仕事帰りにワインバーに寄ったり、お互いの家に泊まったり(わはっ!)と、

一般的なカップルがたどるであろう一般的な”デート”を何度か続けていた。

しかし、

「最近あんた、どうなの? 最近静かじゃない。 オトコでもできた?」

などとオカマ仲間と飲み屋で飲んでいるときに、探りを入れられたならば、

「何もないわよ。仕事が忙しいだけ!」

と咄嗟にN君のことはまだ言わないでおこうという思考が働く自分。

何度かのデートをしたからと言って、

まだ今後うまく行くかどうかも分からないし、

相手に今はいいことを言われていても、

いつのまにか連絡が途切れ途切れになったり、

いつのまにか終わったりする恋愛も経験してきた中年オカマである。

ちょっとやそっとのことで浮かれたりして、

今までに痛い目にもあってきたもんから、やったら慎重になる訳なのよ。

「とかいって、あんたほんとはオトコいるんじゃないの? 誰なのよ、相手は?」

と長年の付き合いのオカ仲間達は、鋭い勘が働くのか、それともあたしの女優っぷり演技が下手なのか、しつこく聞いてくる。

このオカマ仲間達とは、もう関係が長いからか、お互いの恋愛相手にやたら厳しいもので、前にK枝がハンサムな写真家と付き合っていたときも、

「あんたあの男はダメ男。はやく別れな!」

「あんたあの男といて、本当に将来幸せになれると思ってるの?」

と余計なお世話もいいとこで、皆から手厳しいジャッジメントが下されていた。

そんなことも思い出したもんだから、

"N君のことは、もう少しちゃんとした関係になってから、仲間には紹介したほうが無難だわ”

とその場は、酒に話を濁しておいたわよね。

---------------------------
数日後、

「イースターの週末は何しているの」

とN君から連絡が入った。

イースターってなんかする日だったっけ?と思いつつも、

「特に予定ないよ」

と返事を送ると、

「両親が家でイースターのディナーパーティをやるから、一緒に行こう!」

と返信が・・・!

”ちょ、ちょっと。まだ友達にも紹介してないのに、いきなりご両親って!?”

”だいたい、まだ出会って数か月で、いきなり親に会わせるか!?”

"ちょ、ちょっと・・・ えーーーー!?”

と、中年オカマ、

ひとり携帯片手にパニックに陥ったわよね。




続く