2016年6月30日

ピンクのモーツァルト

「今日で仕事、最後なの。今まで色々ありがとう。」

いつも会社で自分の仕事を手伝ってくれていたスタッフの中国人の女の子が、自分の席にやってきて言った。

彼女は確か去年入社したばかり。話を聞くと、米国での労働ビザが通らなかったらしい。

ここ十数年、アメリカでの労働ビザの志願者が多いから、第一段階での移民局による抽選にもれると書類の審査すらしてもらえないのだ。

彼女も第一段階での抽選漏れだったらしい。

細かいところまで仕事をきちんとやってくれる真面目な彼女がいなくなるのは、自分も痛手だけれど、それよりも、海外からやってきて真面目に仕事もしていたのに、ビザの問題のために、仕事をやめて国に帰らなければならない彼女の気持ちを考えると、本当に悲しい。

自分の時は、運よく労働ビザの抽選・審査も通り、直属の日本人上司のサポートもあって、グリーンカードの取得までこぎつけたけれど、きっと彼女のように、労働ビザや永住権の問題で、急遽国に帰らなきゃいけなかったり、学生に戻って学生ビザでなんとか米国に滞在したりと、苦労とストレスに対峙しなければいけない人がいっぱいいるのだろう。

---------------------------------------------------
1ヶ月くらい前だったか、久々に、いつもつるんでいる同年代日本人オカマ仲間の4人と、日曜の昼間からオカマバーのテラスで酒片手に、まったりしていた。

「あとはY子がグリーンカード取れれば、4人とも無事ゴールインだね」
同性の結婚が合法となって、十数年一緒だったアメリカ人の彼と結婚してグリーンカードをいち早く取得した、M男が言う。

「Y子ちゃん、このために真面目にこつこつ週末も休まず仕事してきたんだもん。もうすぐ取れるよ!」
同じくこつこつ真面目に日系の会社で仕事をして、その職場からサポートしてもらって数年前にグリーンカードを取得した、K枝がY子をはげます。

「まあ、そうなんだけどさあ。夏休みまでにカードが届けば、ちょうどよく日本帰れるのよね~」
Y子はY子で、別に悪いこともしてないし(売春まがいみたいなことはしてたけど!?嘘嘘)、気長に待っていればそのうち取れるとは思っていながらも、ビザの関係でもう十年以上、日本へ里帰りすることもできないでいるから、手元にカードが届くまでは落ち着かないでいる。

---------------------------------------------------
そんなY子から、昨日、朝早くに電話が来た。
「あたし、来月、日本いってくるわ! グリーンカード届いたの!!!」
「きゃーーーーーよかったね~~!!!見せて見せて!・・・やだ!あんたのカード、緑じゃなくて、ピンクじゃない?」
「やだ!あんたのカードなんて、確か緑じゃなくて、人生イエローカードだったじゃない!」

中年オカマ2人、朝から大騒ぎで近所迷惑。

Y子、よかったね! 
この夏は、北海道でしっかり親孝行して、お墓参りしてご先祖様に感謝してきて頂戴!



2016年6月15日

死に至る病、そして ②

毎日ハゲ薬&自宅血圧チェックをはじめて、早数週間。

血圧のほうは、毎日家で計っているせいか、それとも醤油・塩の量を減らしたせいか、医者の先生がいう「上が160超えたら、投薬開始よ!」には及ばず、120から140のあたりを行ったり来たりしている。(それでも高めですがね)

ハゲ薬のほうも、先生の言うとおり、数週間じゃ効果も出ねえだろ、と思っていたら、朝シャワーのあと鏡をみると、なんだか髪がボリュームダウン?

「ひゃだ!!!!!逆効果!?!?」

あわててネットで調べると、薬を飲むと初期脱毛が起こることがあると書いてある。
心配になって、横浜のオカマH子にもLINEで確認すると、
「あんた、あたしなんて初期脱毛すごくて、ジムで、見知らぬいい男に『うっわ~、こいつすげえハゲたわ~~』って顔されたんだから!」
と返事が来た。

え~ん、こんなんじゃ、また会社の女子に「あんた!髪、ヤバイよ!!!」ってからかわれるわ・・・! 帽子かぶって会社いけばいいの!?(無理無理) いっそ、マルコメ君ヘアにしようかしら!?

40目前乙女男子の悩みは続くのであった。

下の数値も高め・・・



2016年6月1日

死に至る病、そして

仕事場で、机に向かってせっせと仕事をこなしていると、突然、頭の上から日本人女子の同僚の声。

「あんた、ちょっと、大変!!!」

何事かと、顔を上げて見ると、大変という割には、顔がニヤついている。
「あんた、頭、ちょっとヤバいんじゃない? 薄くなってきてるよ!!!」

「ひゃだ!!!!!うそでしょ!!!!」
と、彼女の前では驚いてみたものの、大分前から、オカマ友達のY子には、「そろそろヤバイんじゃない? ぱっとみわかんないけど、光の当たり加減では、かなり頭皮目立つわよ?」と、乙女心が傷つく程に指摘されてきていた。

父も祖父たちも、髪の毛ふっさふさで、ハゲとは無縁の人たちなのに、なんであたいが!? 絶対この重労働+超ストレスな仕事のせいだっ!!! えーん!こんなんじゃお嫁にも行けないじゃないよぉ!

----------------------------------------------------
前に、薄毛で病院にも行ったといっていた、飲み友達に相談すると、
「そんなの病院行って薬もらって飲めば数ヶ月で治るよ」
と、涼しい顔をして言う。

そんな薬飲んで治るくらいなら、この世にハゲで悩む人いないじゃないのよ!?
と内心思いながらも、そういえば横浜に住むオカマのH子も、新宿のバーのマスターも、薬で薄毛・ハゲの悩みから開放されたと言っていたのを思い出した。

さっそく会社の近くの病院の予約をとって、少々緊張しながら先生に相談すると、あっさり飲み薬のプロペシアを処方された。「個人差あるけど、3ヶ月から半年は経たないと効果でないから」とのこと。

そして、先生、あたいの頭を見ながら、
「髪の毛も心配かもしれないけど、それより血圧の心配して!このままじゃ早死にするわよ!オムロンって日本の会社のいい血圧計あるから、それ買って毎日自分で血圧チェックしなさい!」

こうして、毎日ハゲ薬&自宅で血圧チェックの日々、はじまったのでった。
どうなることやら・・・。

続く!