2018年1月29日

東京の空は 今日も高くすんでいる

「やっぱり、日本はいいね」

古くからの友と再会し食事をながら、思わず口にしてしまう。

人に優しい国。

人に優しい人がいっぱいいる国。

「えー、そんなに優しくないでしょ、日本なんて」

と日本に住む人は言うけれど、

そこから離れて住んでいると、

日本に帰る度に、日本がどれだけ優しい国か、

痛い程感じるのだ。



羽田空港で荷物を預けるロッカーがどこも使用中で、大荷物を抱えながら困っていた時に、空港の係員の女性が一緒になって走り回って空きを探してくれた。

十津川村でカレー屋さんに入るために狭い路地で駐車場を探していたら、わざわざ店から店員さんが出てきて、車を止めやすい場所を丁寧に教えてくれた。

何年かぶりに訪れた新宿のバーのマスターも、「サンフランシスコはどうですか」と、ちゃんと自分のことを覚えてくれている。

それに、天ぷら屋さんも、とんかつ屋さんも、すばらしい優しいサービスで、ご飯も味噌汁も(キャベツも)おかわり自由だもんなぁ!(これはちょっと違うけど・・・でも財布にも優しい!)

---------

それから、自分が日本に帰国するよ~と連絡すると、

中学時代の仲間達は、子育てが忙しい中、一緒に同級生の御墓参りに来てくれて、

人生の先輩でもある親友は、以前病気をして体が不自由になりながらも、一緒にランチに出てきてくれて、

来てるならみんなで集まろう!と当時サンフランシスコに住んでいた大阪の友人達とは同窓会して、

大学生時代から同じオカマ青春時代を過ごしたゲイ仲間とは、新宿2丁目の居酒屋で魚をつっつきながら人生&美容健康相談よ!

そして、アメリカに戻る日には、空港まで見送りに来てくれる家族。

「ほらあんた出発前に、いつもの弘明寺のお守り、買っておいたの渡したかったのよ~!」

と母。

「もう空港までの車の運転はくたびれるし、道に迷うから、京浜急行で来たんだよ~。間に合ってよかった~!」

と父。

-------------

帰りの日本航空の機内に乗り込み、

席に座って、携帯のスクリーンで写真を眺めながら、

そんな日本での人々の優しさと笑顔を思い出していたら、

四十を過ぎて涙腺がますます弱くなったのか、

突然、涙が。

わー!

傍から見たら、中年オカマが一体どんなドラマやらかしたんだって、

ブスも甚だしいのだが。

すると、飲み物を配りにきたフライトアテンダントのお姉さんが、

スナックと一緒に、静かにそっと多めにナプキンを手渡してくれた。

その優しさがまた涙腺にきたのか、

また、涙が。

わー!

ほんとにいい歳した中年が、

恥ずかしくなって、

思わず耳にイヤホンを突っ込んで、

下を向いて寝たフリを決め込んだわよね。

-------------

耳に聞こえてくるのは、ここ数日ずっとリピートして聞いていた、

小田和正の「東京の空」。



いちばん大切なのはその笑顔。
あの頃と同じ。

ありがとう!



2018年1月2日

青い珊瑚礁

拝啓

南の島に来ています。


昨日の朝は寒い高野山のお寺で静かに厳かに正月を迎えていたのに、今はこうやって水着一丁になって砂浜に横になって、松田聖子の「青い珊瑚礁」を聴いてるのだから、不思議な気分である。


ここボラカイ島は、1月は乾季と聞いていたのに珍しく突然の台風にあたってしまい、飛行機も遅延になったりと、到着するまではどうなることやらと不安だったのだが。



到着後も曇り空が続いているけれど、突然青空をみせてくれるのは、やはり島国の気候だ。

若い頃は、バケーションで天気が悪かったりすると、どうにもならないのに、ぶーぶー駄々を捏ねたりしていたが、この年になると、天気が悪くても、今ある状況を何とか楽しみましょう、と開き直るくらいの余裕が出来るものである。



こっそり拝見しているブログで、同じサンフランシスコ在住の方や、パリ在住の方達が、よくハワイやインド洋の南の島を訪れ、「静かにビーチで何も考えずに過ごすのが一番の贅沢」と書かれているが、全くの同感だわ。

ぼーっと、寄せては返す波を眺めながら、その波の音に耳を傾ける。

それに飽きたら、イヤホンで「聖子」。

それにも飽きたら、軽めの本(今回は林真理子氏の若い頃のエッセー)をめくり、

それにも飽きたら、水着姿のオトコどもをチェックする(ムフ)。


南の島のもう一つの楽しみは、マッサージ(オカマ)。

"高級マッサージ"と呼ばれるところでさえ、アメリカや日本の半額かそれ以下で、プロフェッショナルで丁寧なマッサージを受けられる。

土地独特の植物を使ったマッサージオイルは、やはり南の島の香りだわよね。


イヤホンから流れる曲が「渚のバルコニー」から「Sweet Memories」にかわる頃には、空も夕焼け色に。(どんだけ聖子聴いてんだか)

さて、そろそろ東京に戻ろうか。










2018年1月1日

人生はこうして続いてゆくんだろう 間違っても何度つまずいても

大晦日。

向かうは和歌山の高野山だ。

去年は、エジプトのナイル川で仲間4人で大騒ぎしながら正月を迎えたが、今年は静かに高野山のお寺さんで正月を迎えようと思い立ったのである。

日本仏教の聖地の一つでもある高野山では、修禅の道場でもあるいくつもの寺が宿坊として、一般の参拝客や観光客が宿泊できる場所を提供していて、今回はそれらのお寺のうちの一つにお世話になった。


高野山へ向かう途中、奈良の十津川村に立ち寄った。
十津川村も高野山も、
「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている。

まずは十津川温泉で温まってから向かいましょ。



「高野山はとにかく寒いですからね~ 気をつけて行って来て下さいね~」

親切なレンタカー屋のアドバイスにも真面目に耳を向けず、薄着でやって来た典型的なカリフォルニアかぶれの自分。

高野山に到着し車を降りると、もうとにかく寒くて、

"こんな寒さじゃ、修行もへったくれもないわ・・・ もう帰りたいかも・・・"

などと早々中年オカマが弱音を吐いていたのだが。

今回の宿坊である「恵光院」は、外観も内部もとても明るく清潔にされていて、お坊さん達も親切で、やはり足元は冷え冷えするものの、部屋にはヒーターもこたつも完備されていた。

"これなら、なんとか年越せるかも・・・"

と気をとりなおして、壇上伽藍や金剛峰寺を参拝すること。




高野山恵光院に到着だ。

温泉宿のような趣のある部屋!



参拝から戻り、道場での瞑想(阿字観)を終えると、各自の部屋で精進料理の夕食だ。

部屋にはテレビもあり、夕食のあとはお寺が提供してくれたビールを飲みながら、浴衣で紅白歌合戦を観戦する自分(一体、何しに高野山に来たんだか?)


奥之院ナイトツアー。
弘法大師・空海の御廟のある奥之院を、たくさんの墓石の中を歩きながら
その歴史をたどるというもの。



奥之院ツアーのあとは、大晦日ということで年があける前から、年越し護摩祈祷に参加。

先ほど部屋で護摩木に、「2018年も家族や自分が大きな病気や事故にあいませんように!」と願いをこめて、無病息災と書いて渡しておいたものを、お香と一緒に燃やしてもらった。

年越し護摩祈祷が終わる頃には年を越し、
皆でお神酒を頂いた。

-----------------------

元旦は、朝の7時半からお寺の本堂で朝の勤行。

お坊さんからの、"どんな願い(健康でも仕事でも人間関係)も、願い頼むだけではなく、自分からもそこに向かえるよう努力しなければなりません”との有難いお言葉。

勤行のあとは、お坊さんと大広間で朝食だ
(昨日風呂場で一緒だったお坊さんだわ!)



大晦日の昨日は肌寒い曇り空だったが、元旦の今日は青空のよい天気。

帰る前にもう一度弘法大師にご挨拶にと、奥之院を歩いた。

一の橋を渡るとその先は「あの世」。渡る前には、必ずお辞儀をする。


奥之院内では、お正月ということで甘酒が振舞われていた。

甘酒で体が温まったところで、おみくじを引いてみると、

「大吉」の文字!

しかし大吉といえども、詳細を読んでみると、

待ち人 ... 来ません。
旅行 ... 酒に注意。
恋愛 ... 親に相談して進めなさい。
縁談 ... 控えたほうがよい。

と少々手厳しい。

"励むことを楽しみとし 怠ることを恐れよ"
"色香に迷わず 慈愛の心で日々を送れば幸福になる"

とのことで。

今年もよい1年になりますように!