2016年1月19日

記憶の城

アメリカに戻る前日、自分がまだ東京で学生してて世の中の右も左もわからなかった頃からお世話になっている友人と、眺めの良い新宿のホテルで食事。

その日はあいにくの雪だったけれど、夜には空も晴れて、美しい東京の夜景とカリフォルニアの赤ワインで乾杯。(明日にはカリフォルニア戻るんだけどね!)


美味しい食事と仕事の話、これからのこと、そして思い出話。

そういえばワインの飲み方も、海外旅行の楽しさも色々教えてくれたのが彼だった。

数年前に病気で倒れ、身体が動かなくなり、リハビリのため数年間仕事から離れていた彼。きっと自分が想像できないくらい大変な忍耐と努力が必要だったと思う。でも、本人曰く、医者も驚くほど、落ち込みもせずに現実を受け止めて、今では仕事復帰を果たしている。そして、こうやって前と変わらずワインを飲みながら、たわいもないこと(SMAPの解散騒動とか!!)を話している。

どんなに健康第一と願っていても、いつ自分も突然病に倒れる分からない。だけどこうやってそれを乗り越えて来た人生の先輩がいるということが、何よりも心強い。

来週からまた仕事がんばりまっす!



2016年1月15日

途方もなく霧は流れる

前回日本に戻ったのが2014年の12月の出張以来だから、約1年ぶりの帰国。

帰国の度に会いたい人や食べたいもの(!) を書き出してみると、こんな短い日本滞在じゃどんなに時間があっても足りない! 家族や友達のお墓まいりもしたいし、仕事用の服の買い物もしたいし、久々に鎌倉でお寺めぐりもしたい。しかも東京のクライアントとのミーティングもはいっちゃったし...。

そんなバタバタの日本滞在中、東京から新幹線で1時間、夕暮れ時の軽井沢駅に降り立った。

昨年、長いサンフランシスコでの生活を引き上げ、今は軽井沢に住んでる友人に会いに来たのだ。


約1年ぶりの再会だったけど、お互い変わりなく。地元の温泉に浸かって、その後は地元の小さなうみゃい焼きとり屋で、近況報告。

今はたまにしか会えないけれど、離れてもこうやって会えて、前と変わらず一緒にゆっくりできるのが有難い。環境が変わると、連絡がいつの間にか途切れて行ってしまう人達も40年近く生きてると今まで一杯いたから。(それは誰のせいでもなく、流れでそうなってしまったのだから仕方ないこと)

冬の軽井沢は、学生の頃に来た夏のそれとは違って観光客も少なく、静かでゆっくりした時間が流れていた。

また遊びに行きます!





2016年1月1日

晴れた空が好きです。

仕事の忙しさに流されて気がついたら年が明けていた。

「2016年は守りの年。肉体的健康はもちろんの事、特に精神的健康に気をつけなきゃだめ」なんて、よく当たる占いにそういえば書いてあった。

占いを信じて毎年本まで買ってる友人や同僚を鼻で笑っていた自分だけど、最近あちこちガタがきてるのをひしひしと日々感じている身としては、やっぱり今年は守り入っとこうかしらんなんて、もはや神頼みの占い頼り。

年明け前に日本街のスーパーで買っておいた餅を焼いて、酒の小瓶を開けて、元旦の朝ごはん。そして、腹ごしらえした後は近所の丘を散歩。青空の正月。今年も家族や友達、自分自身が元気に笑顔ですごせるように!