2018年5月29日

心の中を新しい風で満たしたいよ

「心の中を新しい風で満たしたいよ~」

と30年前に浅香唯がセーラー服姿で歌っていたが、

40を過ぎた中年オカマの自分も、ここ数週間ずっとそんな気分で心が沈んでいたのである。

なぜ元気が出ないのか自分に問うてみても、特に思い当たる節はない。

元同僚の健康オタクの女子に相談してみると、

"あ~、それはね。長く続いた繁忙期のストレスとプレッシャーによる、鬱予備軍だね"

と、即答で診断されたわ。

確かに寝ても起きても、平日も週末も仕事のことを考えていたから、

頭を休みモードに切り替えられずに、血圧はあがりっぱなしで、

口角は下がりっぱなしの生活だったのである。

そんなもんなのかしらん?と、インターネットで色々調べてみると、

日本のサラリーマンの多くが同じような状況の鬱予備軍だという。

"なるべく仕事のことを忘れて、他のことを考えるように自分を仕向けましょう"

と真っ当なアドバイスが書いてあるが、

他のことに仕向けようと、本を読んでも、ピアノを弾いても、ゲームをしても、映画や芝居を観に行っても、友達と飯やお茶をしていても、一時的には元気になるが、長くは続かない訳で。

---------------------
冬のような寒く薄暗い曇り空の月曜の朝。

家で仕事に行く準備をしつつ片手で、

「ねぇ、最近元気がでない。元気頂戴!」

と東京に住む同い年の中年オカマ、K子に無茶投げなLINEメッセージを送ったら、

「あたしも元気出ない! だからゴールデンウィークにLA行くわ。あんたも来れば?」

と即座に返事が来た。

"そうねぇ。ゴールデンウィーク中なら、日本のクライアントからの連絡もないだろうし、行っちゃってもいいかもね”

そんなこんなで、数週間後、LAに向かうユナイテッド便に乗っていた自分である。

----------------------
「ねぇ、あんたいつまであたしをLAXで待たせる訳?」

「あんたがブスになりすぎてて、あんただって気づかずに通りすぎちゃったの!」

とLAの空港に到着したとたん、これである。

空港まで車で迎えに来てくれたK子の運転する車に乗り、昭和のアイドルを流しながら、ずっとこんな調子で何十分もぎゃーぎゃーやってたら、お互い疲れて急に静かになる二人(中年オカマあるある)。

ふと、

「ディナーまでまだ時間あるけど、何しよっか」

とK子が問うてきたので、

「そうねぇ、おされな通りでいい男眺めながら買い物して、酒飲んで、そのあとは、夕焼けの海でも見に行きたいわね」

と今時観光客でもやらないようなブスな提案をしたら、

「あんた、発想がブス!」

と即座に返される。

それでも、

「それじゃ、アボットキニーの通りぶらついて、そのあとはベニスビーチでも行こうか」

とここに住んでるわけでもないのに、さすがは東京で雑誌編集をやってただだけあるから、さらっと的確な提案をしてくれるK子である。

暖かい南カリフォルニアの日差しの中、大学時代の思い出話やら、お互いの今の男事情やらを話しながら、おされな通りを歩く。

「あたしたち、40にもなって、何やってんだろね」

「話す内容もレベルも、20年前と全然変わってないじゃない」

太陽が沈み始めた頃、ビーチ沿いの飲み屋で海を見ながら、コロナビールを片手にそんなやりとりをしていたら、大分心が軽くなっていることに気づいた。

インスタ映えするかもっ、と一人はしゃいで携帯の画面に夢中になっているK子。

この子(40オカマですが)も、今でこそ元気にやっているけど、

昔いろいろあって仕事を休職していた時期もあったのだった。

誰だってストレスやら何やらを抱えながら、何とか生きていってんのよねぇ!

「K子。なんか、あんたのお陰で、あたし浅香唯になれた気がするわ」

「は? あんたが浅香唯なら、あたしは南野陽子か斉藤由貴よ?」

傍からみたら、ぶっとんだ中年のオカマが訳の分からぬことを言っているのだが、

20年もこんなやりとりを続けてきたから、

なんとなく、お互いが言いたいことも伝わっているのである。

ベニスビーチの夕焼け

滅多に飲まないコロナビールだが、
今日はそんな気分

激務で家にも帰れていないというLA在住のA子と一緒に
3人で飯 (K子撮影)

この子達もずっと仲良しでいられたらいいね








4 件のコメント:

  1. それわかるな~僕もここのところ仕事のことからの切り離しができなくて、夜は眠りが浅いし、集中力がかけたりしていました。そんな訳で強制3週間休みを取ってハワイに来たのですが、もう~睡眠はガッツリできるし、食欲は暴走気味なくらいに戻って驚いています。やはり人間にはお休みって必要なんだな~お休みは悪ではないと思えました。心許せる人との時間って本当に大切ですね!

    返信削除
    返信
    1. Japan SFOさん
      自分もすごく分かります! 仕事の心配事が多くて眠りも浅いと仕事も100%集中できず悪循環でした。(自分の場合、それでも食欲は収まるどころか「ストレス」を理由に、ポテトチップをふと袋平らげたりしてたんですけどね。。)

      3週間のお休み、うらやましいです~。ハワイの旅行記、楽しく拝見しました。すてきなところにお泊りでしたね~! 予定を入れずにビーチで何も考えずにゆっくりすごす休暇が一番贅沢だと思います。

      自分も来月休暇を取って、ちょっくら心の洗濯をしてきます~!

      削除
  2. 気分が明るくなったようで良かったです。40年って人生の後半戦にシフトしていくタイミングなんだと思います。私も気分だけは若い頃と変わらないつもりだけれど、自分の体と周りの環境が変わっていくので戸惑いすら感じます。きっとみんなそうなのでしょう。

    お仕事、くれぐれも無理されませんように。私は「所詮、人の会社だし」というのを念頭において、決して無理はしないと決めました。開き直ると楽な部分もあります(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. ふわりさん
      若い頃は、気分の落ち込みも一日寝れば回復していたと思っていたのですが、身体と一緒で年をとると心も回復するのに時間がかかるようです。

      ふわりさんも、お仕事で色々と理不尽なご経験をされているようでしたが、本当「所詮、人の会社だし」と「やるべきことはやったから、もうあとは知らん」くらいの気持ちで、アメリカ人あるあるのちょっと大雑把くらいの開き直りの気持ちでいないと、この国ではやってけない部分もありそうですよね。

      お互い、無理せずに、だましだましやっていきましょう!

      削除