2017年6月8日

僕たちは戦わない 明日を信じてる

「どうしよう。あと1週間で会社の健康診断だわ!」
「やばいじゃん・・・この調子じゃあんた、去年より悪化してんじゃない?」

と、朝からいつもの健康オタクの元同僚と、来週の健康診断に向けて作戦会議だ。

去年の今頃受けた健康診断では、高血圧、中性脂肪、コレステロールの項目で基準値以上の数字が出て、医者からはあっさり「中年体」の烙印を押され、「この調子じゃ長生き出来ないわよ」とまで言われた自分である。

それからの1年は、自宅用の血圧計を買って日々計ったり、醤油を使わないようにしたり、フィッシュオイルのサプリを飲んだり、ご飯の量を減らしたりしていたのだが、

一方で、酒の量は増え、ジムに行く回数は減り、仕事中に「あーん、ストレス!」と理由をつけてオフィスの自動販売機でスナックを買って食ったりと、「健康な生活を送ってます」とは決して言えない状況だった。

健康診断数日前には、「Health History」の質問紙に答えるように、と医者からメールが送られてきた。

- 1週間の平均的な運動量 (週に3回ジム行けばいいほうだわ・・)
- 現在摂っている薬・サプリメント (ハゲ薬とフィッシュオイルとビタミンB群?)
- タバコ・酒の摂取量 (タバコはすわないけど、酒は毎日グラス3杯くらいは飲むわよ)
- 家族の健康状態  (父も高血圧で薬飲んでるわね・・)

などの質問に加えて、

- 過去1年間の性的交渉をした人の人数
- 相手の性別
- アナルセックスの有無
- ドラッグを使用したか否か

等など、どこまで本当に書いていいのやら、中年オカマが躊躇ってしまう質問達である。

小学校の頃の健康診断と言えば、どれだけ自分が成長したか、むしろ楽しみにしていたものだったが、この歳になっての健康診断とその結果レポートは、見るのも恐ろしいものである。

「とにかく、ニンニクを毎日食べて! それから、来週の健康診断までは魚料理中心の食生活よ!」

と元同僚には言われ、"健康診断の直前だけ健康な生活送っても本末転倒だわ"、と分かっていながらそれに従う自分・・・。


さて、30代最後の健康診断、結果はどう出るのか・・・。



続く!





0 件のコメント:

コメントを投稿