2017年6月5日

晴れたらいいね

サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを超えて、亡くなった俳優ロビンウィリアムズ氏の名をとった虹色のトンネルを抜けて、さらに北に1時間ちょっと車で行ったところに、ガーンビル (Guerneville)という小さな街がある。

ロシアンリバーという緩やかに流れる川のそばにあり、キャンプやカヤックなどのアウトドアーを楽しめる静かなところだ。

今日はいつものオカマ仲間と日帰りでちょっくらそのガーンビルの街に行ってきたわ。

前回は皆でキャンプをしたり、川辺でカレーを作って食べたりしたが、今回はみんなで料理やワイン、スナックを持ち寄って、プールのあるロッジで水着パーティよ!



ガーンビルの街は、テレビドラマ「Looking」でもゲイ達の"避暑地"として登場していたが、昔からゲイ達が集まる場所としても有名で、このロッジもいつもゲイだらけだ。

「プールサイドの奥に座ってる3人組の中で、どれが一番イケる?」
「それより、反対側に一人で全裸で寝そべってるあの若い子のケツがいい」
「やだ。あそこに座ってるおじさま、あんたのこと、さっきからずっと見てるわよ!」

10年以上前から、会話の内容に全く成長のない中年オカマ達である。

M男やアメリカ人のE子は、他のお客さんたちとバレーボールを始めたようだ。

自分とY子は、プールサイドに寝そべって、そんな彼らの様子を眺めたり、周りの男達を眺めたり。

サンフランシスコは、霧の日が多く太陽に直接あたる機会も少ないが、ちょっと車を走らせれば、自然の中静かに日光浴を楽しめるところがあるのが有難い。

日焼けのし過ぎで肌のシミやしわの悪化は怖いが、こうやって美味しい空気を吸って、太陽にあたっていると、疲れた心と身体に元気が出てくる気がする。

今夜はぐっすり眠れそうだわ!




Highlands Resort
http://www.highlandsresort.com/

1日利用料は$20くらい。「3R - Russian River Resort」もゲイに人気のロッジだが、このハイランズのほうが、静かに過ごせて個人的にはこっちが好きだ。古いピアノもあるので、日焼けに疲れたら、中に入ってへたっぴピアノだよ。





0 件のコメント:

コメントを投稿