2018年6月30日

この大空の虹になりたい 希望に届く虹になりたい  (2018)

「サンフランシスコの街を歩けば、オカマにぶつかる」

とはよく言ったものだが、

毎年6月になると、世界中からオカマ達がわらわらと集まってきて、

いつも以上に街中が"オカマの坩堝"となる。(なんだか恐ろしい響きだわ・・・)

そんなオカマだらけのサンフランシスコの中でも、特に右を向いても左を向いてもオカマだらけの「カストロ地区」は、ゲイのメッカと呼ばれていて、

物珍しさか怖いものみたさか、一般の観光バスが毎日のようにやってくる。

そんなカストロの通りを歩いてみると、

あちこちに"Harvey Milk"の名前や顔を見つけることができる。

彼は、40年前「カストロの市長」と呼ばれながら、サンフランシスコの市議に選ばれLGBTの権利に尽力し、

そしてその翌年、当時の市長とともに、彼は市庁舎で暗殺されたのだった。

それ以来、カストロの街は彼の意志を受け継ぎ、それを若い世代に伝えていく場所となっている。

---------------------------------
人々や企業がダウンタウンに集まり、LGBTの権利を謳う6月末の「サンフランシスコ プライド」がメインのイベントとなるが、

その1か月くらい前から、街中の通りに虹色の旗が立てられ、LGBTの映画祭AIDS LIFE CYCLEのようなチャリティ、その他各種イベントがあちこちで行われている。

近所に住む日本人ゲイ友達のK治やH太君は、プライドイベント当日のパレードに会社の同僚と参加して、虹色にデザインされた会社のロゴの入ったTシャツを着て、大通りを歩いたらしい!

自分も、パレードこそ参加しないものの、去年に続いて近所の友達を我が家に呼んで小さな「ピンクパーティ」を開いたり、映画祭でいくつか気になった映画を観に行ったりして、このプライド月間を楽しんだわ。

街中に虹色の旗がなびく!


プライド前夜の「ピンクサタデー」は我が家で友人達と
皆でピンク色の服を着て、ピンク色のスパークリングワインと
ピンク色と虹色のお菓子で乾杯だよ!


今年のLGBT映画祭には、日本から2作品が参加。
そのうちの一つが「彼らが本気で編むときは」。
在サンフランシスコ日本領事館がオフィシャルスポンサー。
(上映中に客席で声を上げて泣いてるオネエさんがいて、自分も泣いたわよね。)

--------------------
40歳の時に、立ち上がってゲイの権利の為に戦ったHarveyと、

40歳になっても、自分のことだけでいっぱいいっぱいの自分。

ただ、今こうやってゲイとして自由に胸を張って笑顔で生きていられるのは、彼をはじめとした"先輩”たちのお陰なのよねぇ、と

窓の遠くに見えるHarvey Milk Plazaの虹色の旗に、

皆で感謝するのだった。

カストロの街を歩いてみると、
Harvey Milkとゲイの歴史をあちこちで見つけることができる。







0 件のコメント:

コメントを投稿